免許合宿ライブ

免許証 番号 意味

自動車運転免許証が交付されると、それぞれに12桁の番号がふられます。

免許証

この番号はすべてがランダムの数字ではなく、一部意味があるものもありますのでトリビアとしてご紹介します。

番号を「ABCDEFGHIJK」とします。

【はじめの2桁(AB)】
初めて免許交付を受けた都道府県の公安委員会のコード

北海道 北海道10 函館11 旭川12 釧路13 北見14
東北 青森20 岩手21 宮城22 秋田23 山形24 福島25
関東甲信越 東京30 茨城40 栃木41 群馬42 埼玉43 千葉44 神奈川45 新潟46 山梨47 長野48 静岡49
北陸・中部 富山50 石川51 福井52 岐阜53 愛知54 三重55
関西 滋賀60 京都61 大阪62 兵庫63 奈良64 和歌山65
中国 鳥取70 島根71 岡山72 広島73 山口74
四国 徳島80 香川81 愛媛82 高知83
九州・沖縄 福岡90 佐賀91 長崎92 熊本93 大分94 宮崎95 鹿児島96 沖縄97

【次の2桁(CD)】
初めて免許交付を受けた年。
西暦の下二桁がふられます。

【真ん中6桁(EFGHIJ)】
各公安委員会毎にふられる番号。
ここが、その人を識別するための固有番号と思ってもいいでしょう。
(都道府県が違うと、同じ番号もあり得るでしょうが)

【右から2番目(K)】
ここまでの番号をチェックするための数値。

(A×5+B×4+C×3+D×2+E×7+F×6+G×5+H×4+I×3+J×2)÷11
で出た余りの数値を11からマイナスする。
その結果の下1桁だそう。

【一番右(L)】
紛失等により再交付を受けた回数。

「合宿免許だと、いま住んでいる所と全然別のところになるけど、最初の2桁番号はどうなるの?」と思う人もいるかも知れないですね。
免許の交付を受けるには、合宿免許教習を卒業後に自分の住民票がある運転免許試験場で「適性検査」「学科試験」を受験して合格する必要があります。

ですから、はじめての免許証の交付地は合宿免許を受けた場所ではなく、いま住民票があるところになります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ